携帯電話代の節約
 キラリ流の節約方法
 ・ 節約をはじめる前に…
 ・ 食費の節約
   ├献立/買い物の工夫
   ├調理の工夫
   ├手抜き朝食のススメ
   └節約外食を楽しむ
 ・ 日用品代の節約
 ・ クリーニング代の節約
 ・ 郵便・宅急便の節約
 ・ 電気代の節約
 ・ ガス代の節約
 ・ 水道代の節約
 ・ 携帯電話代の節約
 ・ NHK受信料の節約
 ・ 車にかかるお金の節約
   ├自動車保険の節約
   ├車の税金の仕組み
   ├どんな車に乗ればいい?
   └ガソリン/洗車でプチ節約
 ・ レジャー費の節約
 ・ 洋服代の節約
 ・ 写真代の節約
 ・ 交通費の節約
 ・ 電気製品の買い替えのコツ
 【TOPへ】新米主婦の節約生活
 携帯電話代の節約
 携帯電話の利用料金が下げるまでのキラリの対策レポートです。

 ■ それまでの支払い

 夫ヒカル おはなしプラスM(i-mode+留守電) 6825円
 妻キラリ おはなしプラスM(i-mode) 6510円
 無料通話を超えないと仮定した支払い金額 → 13335円

 おはなしプラスMというのは基本使用料金5900円のなかに、3300円分の通話料と情報料が含まれているというプランです。i-modeは300円/月、留守番電話サービスは300円/月。

 しかし、ドコモにはいろいろな割引があります

 < ドコモの割引 >

 継続利用割引…長く利用することによっての割引(申し込み不要)

           夫ヒカル 割引率13% (3年超4年まで)

           妻キラリ 割引率15% (5年超)

  ファミリー割引…家族割引ですね(申し込み必要)

            夫ヒカル 割引率20%

            妻キラリ 割引率20%

 eビリング…利用明細の郵便通知を行わずID番号と、パスワードの入力をすることで、ネット上で利用明細をみるというサービスです。1回線分のみ。

            夫ヒカル 100円割引

 割引率は単純にプラスしていいので、夫33%妻35%の割引となります。


 ■ これが、改革前の実際の支払い

 3つの割引を利用して支払いはこのようになっていました。(2003.12)

 夫ヒカル ((5900×0.67(33%割引))+600−100)×税 4609円
 妻キラリ ((5900×0.65(35%割引))+300)×税 4336円
 無料通話分を超えないと仮定した支払い金額 → 8945円

 2台分にしてはまあまあ安い金額ですよね。

 しかし、もっと節約したい!と思ったキラリは節約方法を探索しはじめました。


 ■ 節約するのに考えられる方法

 携帯電話を持たない→そんなのイヤ(><)。却下。

 他の会社に変えてみる

   →いままでの継続利用割引がなくなる>惜しい

    安いプランを研究しなおさなければならない。

    新しい番号を友達に通知する必要がある。>面倒だね。

 料金プランを変える→これが一番簡単そう♪

 
 ■ 料金プランの変更をしてみる

 無料通話3300円について検討してみることにしました。

 夫ヒカルは出先から職場に電話したりすることがあるので,トントン(超えたり超えなかったり)なので、プランがあっていると言えるでしょう。変更ナシ。 

 一方,妻キラリはと言いますと…メールやi-modeを使ったりで無料通話分を超えることはありませんでした。そのうえ、月末は通話料照会をして、無理矢理使い切る始末…(無理矢理使い切るところがセコイですね)


 ■ キラリのプラン改革

 現在のプラン 3300円の無料通話を含むお話プランL(5900円)
 考えられるプラン

      おはなしプラスM 基本料4100円 無料通話1300円分

      リミットプラス 基本料4300円 無料通話2200円分

 200円の基本使用料の差で無料通話の金額が大きく違うのは、リミットプラスの通話料がおはなしプラスに比べて高いからです。キラリは、i-mode中心で通話はしません。 

 ということは…リミットプラスのプランに変えても特に問題はありません。

 お話プラスMの1300円分の無料通話では…パケット料で無料分を超えてしまうことが確実です。「あまり通話をしないからリミットプラスの通話料の高さは気にならない」ので、おはなしプラスLから、リミットプラスへの変更をすることに決定。

 思い立ったらそく実行!電話1本であっというまに変更完了しました。


 ■ 節約後の料金

 改革後の携帯電話の支払いはこのようになりました。

 (夫ヒカルの割引率も33%から34%へUPしました)

 夫ヒカル ((5900×0.67(34%割引))+600−100)×税 4609円
 妻キラリ ((4300×0.65(35%割引))+300)×税 3249円
 無料通話分を超えないと仮定した支払い金額 → 7858円

 夫tantanの割引率のアップもあって、支払い金額は1087円ダウンしました。


 ■ おまけ…うれしいお知らせ

 2004年4月1日よりファミリー割引の割引率が25%にアップしました。というわけで、我が家の携帯電話代はこんな感じになりました。

 (4月より内税表示になりました)

 夫ヒカル 3706(39%割引)+315+315−105 4231円
 妻キラリ 2698(40%割引)+315 3283円
 無料通話分を超えないと仮定した支払い金額 → 7514円 

 ドコモの割引率UPといううれしいニュースもあって、

 2003年12月の8945円から1431円の節約で7514円になりました。

 年間17172円ですよ。大きい金額ですよね(嬉)


 ■ ヒカルが突然「留守番電話を辞める」と解約

 その理由は3つ。

   @ 留守電を聞くのにお金がかかるのがもったいない

   A 電源を切っている間の用件はメールに入る人が多くなった。

   B 本当に用事があれば、また電話してくるはずだ。

 月額315円(税込)の節約。年間では3780円の節約になります♪


 ■ 現在の支払い

 というわけで現在(2004.7〜)の、携帯電話の支払いはこのようになっています。

 夫ヒカル 基本使用料3706(割引40%)+imode315−eビリング105 3916円
 妻キラリ 基本使用料2698(割引40%)+imode315 3013円
 (無料通話を超えないように気にしながら利用しています)

 去年の12月より、1ヶ月あたり2,016円、つまり1年で24,192円の節約になりました♪

当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
Copyright (C) 新米主婦の節約生活 . All Rights Reserved .
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送